INTRODUCING:
À LA GARçonne

Part of what H3O does is discovers and nurtures new talent from Japan, Asia and beyond and we take pride in discovering new brands from across the globe before anyone else.  And so it is with À La Garçonne, a fabulous new discovery from Brazil! Located inside a fabulous antiques warehouse in the artsy Pinheiros suburb of Sao Paolo - Fabio Souza created the brand back in 2009 and his husband the celebrated Brazilian designer Alexandre Herchcovitch took over the design of the clothes a few years ago.

If you recognise the name, it is because Alexandre Herchcovitch is famous in Japan for his namesake brand - it was super popular in Japan in the early 2000s and he even had a store in Daikanyama around 10 years ago - but things have changed and he now is full time designing À La Garçonne. With men's and women's collections, and dynamic collaborations with Universal Studios, Dickies and soon Melissa shoes, the new collection combines sportiness with the brand's antique roots.

H3Oでは日本に留まらず、アジアを中心に世界の若手デザイナーをサポートし続けてきました。その中で今回の秋冬2018年からはブラジルより、À La Garçonne (ア・ラ・ギャルソンヌ) を紹介します。サンパウロを拠点に、À La Garçonneは2009年にファビオ・ソーザにより設立され、後ほどブラジルの有名ファッションデザイナーのアレキサンドレ・ヘルコヴィッチがヘッドデザイナーを務めるようになりました。

ヘルコヴィッチは、2000年代に日本でも自身のブランドで注目を集め、一目有名デザイナーとなり代官山にてお店も持っていましたが、現在はÀ La Garçonneのヘッドデザイナーとして改めて話題を呼んでいます。メンズとウィメンズのアイテムを披露し、ユニバーサルスタジオやディッキーズ、後ほどにはメリッサなどのインパクトのあるコラボレーションも発表しています。アンティークやヴィンテージ感をインスピレーションにユニークかつ新鮮なコレクションを発表しています。